動画処理:(動画フレーム処理)

      2017/08/04

私の趣味は、「ゴルフや卓球」なのですが、下手の横好きです。
どうして下手なのか分からないので、全然上達しません。(35年間ずっと。。)
例えばゴルフの場合、スイングした後に、左手首が曲がってしまいます。
プロの動画を見てみましたが、どうしても真似できませんでした。
そもそも、ゴルフの「インパクトの瞬間」って、動画の動きを止めても、気に入ったポイントで止めるのは面倒です。
そこで、動画処理(動画を一枚ずつフレームにする)をやってみました。
Windowsや*nixでも[ffmpeg]というフリーのソフトが有ります。
動画の分割とフレーム処理が出来ソフトです。
普通?動画は1秒で24~36枚のフレームで出来ています。
少なくとも1分で1440枚出来る勘定になります。
こんなに沢山出来てもしょうがないので、以下の方針でフレーム化しました。
条件:1:対象は「ゴルフと卓球」
2:動画分割は4分毎、気になった所を厳選?
3:フレーム毎にして、必要なフレームのみを保存
書くと簡単なのですが、作業量は半端じゃないです。
そこで、処理をプログラム化しました。
プログラムで処理しても、そこそこの時間が係るので、私は、休息タイムです。。。
その結果、どうも「私の体の動き」というよりも、「打つ前の手や腕の位置」のような気がしました。
専門のプログラム(モーションキャプチャ等)等ならもっとはっきり分かるのでしょうが、フレーム化だけでも結構分かるようです。
ゴルフの場合で言うと、35年間ずっとやってきたスイングと、今のスイングでは、自分で分かる位変わり、綺麗に又楽にスイングが出来るようになりました。
練習場では、まあまあの球筋で、実践が楽しみです。。

スポンサードリンク

 - ソフト・プログラムの支援

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。