「6シートのエクセル工程表をプログラミングで効率化」

      2017/08/04

「複数の書式で作られた「エクセル工程表」を一つの書式に統一」
・今の私の立場は「安全担当」です。
・工程表は、「1つのエクセルファイル」の「21シート中に6シート(6種類)」分、有ります。
 この「6種類の工程表を一つのシート」にします。
・6種類の工程表を「一種類の帳票にすれば良いのじゃないか」って言われそうですね。
 しかし、仕事の分野がそれぞれ違いますので、「一種類の帳票」にするのは、至難?の技です。
・一つにする順番を書くと
「1:工程表のみの6シートにする」
「2:工程を図形の直線で描いてあるシートは、セルに字の[●]印を入れる(すごく面倒)」
「3:各々のシートの先頭に「10列挿入し、件名とか担当の列を合わせる」
「4:各々のシート(6シート)を1シートにし、日にち毎に並び替える」
という順番です。
・なぜこんな事をするかというと、「現場パトロールするのに、6シートの工程表を日にち毎に並び替えたい」ためです。
・並び替えないと、「日にちや件名を見違えたり」しますが、手?で「列を挿入」したり「行を並び替える」と、「図形がずれます」よね。
・ズレないように手でやると、半日以上掛かります。
そもそも、「電子化が不効率になる」なんて、話が変だし、「電子化で効率化」するのが、「本筋」ですよねぇ。。。
・perl でやってみました。最初は直ぐに出来ると思いましたが、まともに動くまで4日位掛かりました。
一番大事な所が、どうしても分からなかったのですが、「検索HPの検索」で探し当て、1日位で完成しました。
・手でやると「変なストレス」が掛かったのですが、「効率化」して「スッキリ」です。。(大笑)

スポンサードリンク

 - ソフト・プログラムの支援, 仕事支援 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。