perl の面白さ 3([win32][win32::api][win32::ole]) と「Tk」

      2017/08/04

1)win32::ole (エクセル・ワード等 windows 用のアプリを動かすモジュール)
ActivePerl(アクティブパール)とは、ActiveState 社が提供している Perl のディストリビューションである。
主にWindows環境で利用される[win32 関連モジュール] は[ActiveState社]のモジュールで有るので、結構便利だ。
「エクセルのマクロ」もいいが、複数のエクセルファイルを処理するには、perl の方が断然楽だ。
[win32::ole] のほかにも、[win32::api] や [win32] のモジュルが有り、windows OS の中で、色々なことが出来る。
私の場合は、
[win32::xxx] では[Win32::Console]で、昔の dos窓?で動くscript を動かしたり、[Win32::Registry]でレジストリの操作をしたりした。
[win32::ole] では、エクセルのグラフ自動作成、シートごとのデータ処理、シートに写真自動貼り付け等。たまには?ie やワード、等も自動化したりする。
[win32::api] では、windows 関数?をperl で使う。(特に、[5c] 問題回避等)
 等、結構効率化には、役に立った。。。
2)tkで遊ぶ
perl の 「Tk」は、モジュールでインストールして動くので、面倒な事は、一切?ない。
「Tk」は perl でGUI「Graphical User Interface(グラフィカル・ユーザ・インタフェース)の略」を実現するソフトだ。
私の場合は、ActivePerl ver5.16 tk モジュール 804.030 の[Tk]で、グラフを描いたり、画像を表示・編集したりした。
例えば:マンデルブロ集合、アトラクタ、グモウスキー、エノン、ローレンツ等の「カオス画像」描いたり、24時間時計や「スイスと日本」の同時表示時計を作った。
又、Image::Magick;[ImageMagick](後述)で画像編集する時は、この「Tk」に「元の画像」「編集後の画像」を並べて表示する等、結構重宝する。
perl でも「GUI」が出来るんだぞ!ってことです。。(笑)

スポンサードリンク

 - ソフト・プログラムの支援

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。