満州引揚者:林 恭子:『縁と運」:38 慈善ショーで米の大舞台に「1998年66歳」

      2018/05/05

満州引揚者:林 恭子:『縁と運」:38 慈善ショーで米の大舞台に「1998年66歳」

スポンサードリンク

85歳の母親が書く、満州引揚者の半生

・母親が出版した「縁と運」の概略

 (2013/8/1 初版)

 朝日新聞の読者投稿欄の「ひととき」と「声」に投稿し、掲載された70編を「縁と運」と題して出版した。

 本には、林恭子の生き方や思いが人生の縮図として描かれている。

・この本の問い合わせ

絶版につき受付終了

この本に関しては、私、林 宏(息子)に問い合わせて頂きたい。

連絡先(090・6613・4068)へ。

目次記事へ戻る。

38 慈善ショーで米の大舞台に「1998年66歳」

スポンサードリンク

私、カーネギーホールでのチャリティーフェスティバルに参加するため、来年3月30日に、日本を出発、アメリカへ行きます。

4月1日、ニューヨーク・カーネギーホールでマジックショーに出演した後、シアトルへ行き、日系一世の人たち80人がいる敬老ホームを慰問。

その翌日、現地の日系会の50周年を記念して催されるチャリティーショーに参加し、その次の日はもう帰国というあわただしい日程です。

この催しは、ひょんなことで同ホールのチャリティーフェスティバル実行委員会からお誘いを受け、このことを知人に話したら、私もお手伝いをしたいという方などが次々に現れて、総勢12人が参加することになったのです。

みんな、大いなるチャリティー精神を持った人ばかりです。

思うだけでも心が躍るカーネギーの舞台。

15分の待ち時間をいかに盛り上げるかの演出などをイメージしていると、1日何度もため息をつきます。

でも、よる、眠りにつ」く前、両手をわせてお祈りをすると、すべてがうまくいくような気がして心が安らぎます。

私は、このお祈りの時間が大好きです。

目次記事へ戻る。

スポンサードリンク


 - 母の本 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。