最近話題の「MR 複合現実」を徹底検索。「検索ヒット」高確率

   

検索ヒットについて

必ず、思い通りの検索ができるように、 「検索キー」をプログラムで検索しています。
「検索ヒット」と名前を付けています。

プログラムの仕様

1)グーグルとヤフーの検索ページを、「100ページずつ200ページ」キーワード検索
2)キーワード文字がヒットしたら「タイトル」を保存
3)「キーワードを含むタイトル」を分類し、並替えて、まとめる
4)左側の「発信箇所のドメイン」で「政府関係~一般」と(信ぴょう性?)を表示

スポンサードリンク


最近話題の「MR 複合現実」って、どうよ?

・9月12日23時頃、NHKで「先端技術“MR”で離れた場所でライブ楽しむ」ってのをやってました。
・なんでも、「MR=「複合現実」と呼ばれる先端技術でアイドルの映像を立体的に映し出し、会場から離れた場所で臨場感のあるライブを楽しむ」っていうのです。
・番組を見て思ったのは「ついにここまで来たか!」という感じでした。
・これは、詳しく調べる甲斐がありそうだと思い、最近どうなっているか、調べてみました。

そもそも「MR=「複合現実」」って何でしょう?

検索結果を「キーワード」で分類し、並替えるとすぐに分かる

・検索キーワードは「違い|現実|MR|複合|ヘッド|株|証|銘|外為」です。
これで分類できるのは
1)「AR、VR、MR」の違い
2)ヘッドセットの有無
3)「MR」関する主に「株」の関係
です。
・結果を見たほうが良く分かるので、下記参照。
検索「キーワード」分類結果。

何処の会社が情報を発信しているでしょうか?

検索結果を「ドメイン」で分類し、並替えるとすぐに分かる

・検索キーワードは「ドメイン」です。
これで分類できるのは
1)「政府・学校関係」
2)「法人・非営利組」
3)「会社:メーカーや金融関係」
です。
・結果を見たほうが良く分かるので、下記参照。
検索「ドメイン」分類結果。

この技術で「影響を受ける企業・産業」はどこか?

・「MR 複合現実」の利用範囲って、ライブのみならず、イベント関係全般ですよね。
・「日本全国同時開催」ってのが、そのうち出てきそうです。
・イベント以外に「医療の研修とか、企業教育」でも利用出来ますね。
・「影響を受ける企業・産業」は、今のうちに対抗策を考える必要がありますね。(遅いか。。)

スポンサードリンク

 - 情報まとめ支援