Just another Windows perl site

満州引揚者:林 恭子:『縁と運」:53 マイブックが米シアトルで 「2005年73歳」

2018/05/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

満州引揚者:林 恭子:『縁と運」:53 マイブックが米シアトルで 「2005年73歳」

スポンサードリンク

85歳の母親が書く、満州引揚者の半生

・母親が出版した「縁と運」の概略

 (2013/8/1 初版)

 朝日新聞の読者投稿欄の「ひととき」と「声」に投稿し、掲載された70編を「縁と運」と題して出版した。

 本には、林恭子の生き方や思いが人生の縮図として描かれている。

・この本の問い合わせ

絶版につき受付終了

この本に関しては、私、林 宏(息子)に問い合わせて頂きたい。

連絡先(090・6613・4068)へ。

目次記事へ戻る。

53 マイブックが米シアトルで 「2005年73歳」

スポンサードリンク

昔ふうに人生50年というなら、それはとうに過ぎ、折り返しの50年に向って、半分まで来ました。

ここでひと区切りつけておこうと、後半の自分史をつづり本にしました。

『不思議なご縁に魅せられて』という題名で、48頁です 。

何といっても最大のメモリーは、1999年に、ニューヨークのカーネギーホールで、マジックショーを演じたことです。

さらに、時差3時間もある米大陸を横断して、シアトルの日系敬老ホーム(老人ホームとは言わないのです)を、慰問しました。

これが、本当に忘れ得ぬ思い出となり、六月末、刷り上がったばかりの本を、敬老ホームの友人にも送りました。

まもなく彼女から「今度、シアトルに日系の図書館が開館したので、ぜひ寄贈を」との電話がありました。

「マイブック、シアトルへ行く」です。

本の題名のように、不思議なご縁がなければ、叶わなかったことでしょう。

一層、感慨深いことです。

目次記事へ戻る。

スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 仕事の進め方の効率化ブログ , 2017 All Rights Reserved.