Just another Windows perl site

大分県、4月11日の土砂崩れは「危険箇所」だった!グーグルアースでよくわかる!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
*会社職務経歴  ・本店・安全・品質部長(2年)  ・ラインマン(送電線建設・保守)(30年)  ・情報システム(3年)

大分県、4月11日の土砂崩れは「危険箇所」だった!グーグルアースでよくわかる!

スポンサードリンク

・あなたは、「土砂崩れ危険箇所」を知ってますか?

・大分県の「土砂崩れ危険箇所」で4月11日に土砂崩れがありました。

・雨が降ってないにもかかわらず。。

・ニュースでは、「山から異様な音が発生していた。」と言われています。

・それなら「山が動く時の警報装置」を付ければ良かったわけです。

・「土砂災害の復旧工事」を思えば、安上がりです。

・「土砂崩れ危険箇所」の土木対策は、巨額な費用が発生します?

・最近、「市街地の監視カメラ」の設置が増えてきました。

・それなら、山地は「土砂崩れ監視装置」を増やすべきです

・何故なら、日本中の「土砂崩れ危険箇所」は、53万箇所位有るからです?

・「多額の費用と長い期間がかかる土木対策工事」は、53万箇所終わるの一体いつになるのでしょう?

都道府県別土砂災害危険箇所

「土砂崩れ災害」は、避難が一番です。

・「土砂崩れ災害対策工事」よりも先に「山地の監視装置」が優先だと思っています。

「ハザードマップ」を見ましょう!

・えっ!、「ハザードマップ」を見ても、自分の家が良く分からない?

・それなら、川が近くの場合は、川と直角方向の高台に逃げるべきです!

・でも、山の場合は、もっと複雑です。

逃げた場所も危険箇所かもしれません?

少なくとも、「土砂崩れ危険箇所」以外の範囲に早く脱出することです。

・そんな時のために、国土交通省が「土砂崩れ危険箇所」を出しています。

しかし、「土砂崩れ危険箇所」は「数値」のため、大変分かりずらいです

・そこで、もっと一目で分かり易くするため、

「土砂崩れ危険箇所」を「グーグルアース」で表示させるデータを作成しました

・グーグルアース(Google Earth) であれば、

自分の家が「土砂災害危険箇所」とどのような関係になっているか、一目でわかります!

・「自分の家と付近の山、川、土砂災害危険箇所」の画面をコピーして印刷し、家の中に掲示しておきましょう!

「土砂災害危険箇所」は、あてになるの?誰が決めてるの?

スポンサードリンク

一言でいうと
・[国土交通省]が「土砂災害防止対策基本指針の作成」をしています。

・[都道府県]が調査し「土砂災害警戒区域の指定」をする、ということです。

・「国土数値情報ダウンロードサービス」サイトからダウンロードできます。

国土数値情報ダウンロードサービス

・ホームページの中段あたりに、「土砂災害危険個所」というのがあります。

「土砂災害危険箇所」データは、google earth(グーグルアース)で利用しよう!

スポンサードリンク

・「土砂災害危険箇所データ」だけでは、全然、わかりません。

・「地域の防災マップ」は、自宅周辺が細かく見えません。

・google earth(グーグルアース)で見ると、細かく分かります。

・実際下の画像は、土砂災害前の画像です。

google earth(グーグルアース)の利点

・画像を「3次元(3D)」で見れる。

・グーグルアースは、地域の他の情報(河川、地域・電車線路・道路名等)が最初から備わっている。

・場所名等が検索できる。

・カーナビ機能がある。

等、他の「地図ソフト」に比べでも、遜色の無い機能が充実している。

google earth(グーグルアース)で「土砂災害危険箇所」を見る

「大分県、土砂災害危険箇所、google earth(グーグルアース)画像」

大分県の土砂災害事例(山崩れの場合)

・それでは、今回の「土砂災害箇所」と「土砂災害危険箇所」を画像比較してみましょう。

・災害前

<

・災害後

・元々、この付近は、急峻な山が多い所です。

・人家がある所は、ほとんど「土砂災害危険箇所」になっています。

・しかし、人家のない所でも、斜面全般は、危ないと思ったほうが、良いようです

・又、近くに川が有ることから、流出土砂による自然ダムにも注意する必要があります。

自分の家が「土砂災害危険箇所」か、こうしてチェックしよう!

・まず、「グーグルアース(Gooloe Earth Free)]のダウンロード先と使い方

・次にデータを入手
大分県土砂災害危険箇所(面).zip

*「xxxxxxxxx.zip」を
「xxxxxxxxx.kmz」改名する。

・改名した「xxxxxxxxx.kmz」をダブルクリックする。

・そうすると、グーグルアースが立ち上がり、下図のようになる。

・再度バーの「検索窓」に「自分の住所」入れ、検索ボタンを押す。

・「住所」は「xx県~番地」まで入れる。

そうすると「自分の家」まで、「自動」で移動していく。

・自分の家が「土砂災害危険箇所」に入っているかどうか、確認する。

*「黄色の線に囲まれていた」ら、貴方の家は、
「土砂災害危険箇所」にあります。

*「黄色の線の囲まれている所」をクリックすると、「土砂災害」と出てきます。

自分の家が「土砂災害危険箇所」だった。対策は?

・自分付近で「土砂災害危険箇所」ではない所(安全な所)を探そう!

『逃げるは恥だが役に立つ』が、一番だ!

他県の「土砂災害危険箇所」は有るの?

・このサイトには以下の県の、
グーグルアース用「土砂災害危険箇所」データが有ります。
・新潟県、富山県
・山梨県、長野県
・岐阜県、静岡県、愛知県
・三重県、滋賀県
・広島県、福岡県、熊本県

・上記以外の県については、コメント頂ければ、アップします。

・「土砂災害危険箇所以外の見える化」等、
私の出来ることであれば、
何なりとコメントしてください。

ご利用上の留意事項

・記事で提供する地図情報は,地図及びデータ作成上の誤差を含んでいます。
・記事で提供する警戒区域等その他の情報の完全なる正確性を保証するものではありません。
・このブログでは、記事の利用によって発生する直接または間接の損失、損害について
・一切の責任を負いません。

スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
*会社職務経歴  ・本店・安全・品質部長(2年)  ・ラインマン(送電線建設・保守)(30年)  ・情報システム(3年)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 仕事の進め方の効率化ブログ , 2018 All Rights Reserved.