Just another Windows perl site

満州引揚者:林 恭子:『縁と運」:65 ペルー人の結婚式に招かれて 「2007年75歳」

2018/05/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

満州引揚者:林 恭子:『縁と運」:65 ペルー人の結婚式に招かれて 「2007年75歳」

スポンサードリンク

85歳の母親が書く、満州引揚者の半生

・母親が出版した「縁と運」の概略

 (2013/8/1 初版)

 朝日新聞の読者投稿欄の「ひととき」と「声」に投稿し、掲載された70編を「縁と運」と題して出版した。

 本には、林恭子の生き方や思いが人生の縮図として描かれている。

・この本の問い合わせ

絶版につき受付終了

この本に関しては、私、林 宏(息子)に問い合わせて頂きたい。

連絡先(090・6613・4068)へ。

目次記事へ戻る。

65 ペルー人の結婚式に招かれて 「2007年75歳」

スポンサードリンク

12月23日、ペルー人の結婚式に招待された。

お祝いをどうしようと考えた。

ペルーでは、品物だそうだが選ぶのが難しいので、お金にした。

考えたあげく、のし袋に”おめでとうございます”と書き、私の漢字の名前にはふりがなを付けた。

服装が、黒のロングドレスにした。

車で迎えに来てくれた花嫁の両親が「オカアサンステキ」と言ってくれたので、ほっとした。

式の間、いろんなことが思い出された。

兄弟姉妹8人が、日本へやってきたのは、15年ほど前。

私の家に来て「フジモリ」と言うので「ペルー」と聞くと「ヤー」と、うれしそうに頷いて、パンを買っていった。

それからスペイン語のにわか勉強を始めた。

日系三世でも、就職や、住まい探しには、日本人の保証人が必要だった。

私は、アパート探しや、仕事のお願いについて行ったが「外人はだめ」と冷たくあしらわれ、日本人として恥ずかしい思いをした。

でも、ペルー人の花嫁とブラジル人の花嫁の共に四世のパーティーで、大勢の人たちに「オカアサン、ヨクキテクレマシタアリガトウ」と言われ感動した。

目次記事へ戻る。

スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 仕事の進め方の効率化ブログ , 2016 All Rights Reserved.