Just another Windows perl site

満州引揚者:林 恭子:『縁と運」:37 ツバメのお宿は失格に「1998年65歳」

2018/05/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -

満州引揚者:林 恭子:『縁と運」:37 ツバメのお宿は失格に「1998年65歳」

スポンサードリンク

85歳の母親が書く、満州引揚者の半生

・母親が出版した「縁と運」の概略

 (2013/8/1 初版)

 朝日新聞の読者投稿欄の「ひととき」と「声」に投稿し、掲載された70編を「縁と運」と題して出版した。

 本には、林恭子の生き方や思いが人生の縮図として描かれている。

・この本の問い合わせ

絶版につき受付終了

この本に関しては、私、林 宏(息子)に問い合わせて頂きたい。

連絡先(090・6613・4068)へ。

目次記事へ戻る。

37 ツバメのお宿は失格に「1998年65歳」

スポンサードリンク

店のテントにつるしてある札には「今年は”つばめの宿”失格です」と書いてあります。

毎年、ツバメが巣作りをするのに、今年はどうしたわけか気に入らなかったようです。

四月のはじめ、一組のツバメがテントの内に入ってきたときは感動し「よく、ここがわかったわね」と私は「やってきた燕たちはナビゲーター」と一句詠んだほどです。

ところがその後、たまに古い巣をのぞきに来るだけで、ちっとも落ち着きません。

最近になって、近くの駅舎の巣などから、子ツバメがえさねだる声が盛んに聞こえてきます。

5年ほど続いた「つばめの宿」ですが、残念ながら今年はお休みです。

子ツバメたちの成長を記録する「つばめの宿帳」を楽しみにしてくださるお客さまも、風にゆらめく「失格」の札を見て「あら、今年はいないの」と声をかけてくださいます。

今年、初めて目にしたときすると一段と大きくなり、美しくつややかな黒い羽根で街を飛び交う姿を見つめながら、「ツバメたちもいろいろ考えているのだろうな」と、自分を納得させているのが、少し寂しいこのごろです。

目次記事へ戻る。

スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 仕事の進め方の効率化ブログ , 2017 All Rights Reserved.