Just another Windows perl site

満州引揚者:林 恭子:『縁と運」:17 「残留孤児」という呼び名はやめたい「1987年55歳」

2018/04/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -

満州引揚者:林 恭子:『縁と運」:17 「残留孤児」という呼び名はやめたい「1987年55歳」

スポンサードリンク

85歳の母親が書く、満州引揚者の半生

・母親が出版した「縁と運」の概略

 (2013/8/1 初版)

 朝日新聞の読者投稿欄の「ひととき」と「声」に投稿し、掲載された70編を「縁と運」と題して出版した。

 本には、林恭子の生き方や思いが人生の縮図として描かれている。

・この本の問い合わせ

絶版につき受付終了

この本に関しては、私、林 宏(息子)に問い合わせて頂きたい。

連絡先(090・6613・4068)へ。

目次記事へ戻る。

17 「残留孤児」という呼び名はやめたい「1987年55歳」

スポンサードリンク

中国残留日本人孤児の来日調査は、今回で一応の区切りをつけるとのことですが、私は「孤児」という呼び方をあまり好まない、というか、何か適当ではない気がします。

それは、あるわずかな時期は孤児であったかもしれませんが、たとえ養父母であったにしても、成長するまで育ててくれた人がいたら、もう孤児ではない、と思うからです。

しかし、それでもなお、孤児と言い、孤児と呼ぶのは、捨てた、捨てられた、というような思いがあるからでしょうか。

でも、世の中にこうしての親はいない、と思います

外地で敗戦に遭った親たちは、あの極限の状態において、わが子の命がわずかでも永らえることを願って預けたに違いありません。

また、日本人の子をかくまっていることがわかると迫害を受けるなど、中国の人たちも大変な苦労であったという話しを聞きました。

私は14歳で引き上げてきましたが、中国に残された人も、子のしあわせを願った親の気持ちを思って、誇り高く生きていただきたいと思います。

そして、「孤児」という呼び名が早急に改められるよう、願っています。

目次記事へ戻る。

スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 仕事の進め方の効率化ブログ , 2017 All Rights Reserved.