Just another Windows perl site

満州引揚者:林 恭子:『縁と運」:67 夫婦で続ける慰問二十年目に 「2008年76歳」

2018/05/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

満州引揚者:林 恭子:『縁と運」:67 夫婦で続ける慰問二十年目に 「2008年76歳」

スポンサードリンク

85歳の母親が書く、満州引揚者の半生

・母親が出版した「縁と運」の概略

 (2013/8/1 初版)

 朝日新聞の読者投稿欄の「ひととき」と「声」に投稿し、掲載された70編を「縁と運」と題して出版した。

 本には、林恭子の生き方や思いが人生の縮図として描かれている。

・この本の問い合わせ

絶版につき受付終了

この本に関しては、私、林 宏(息子)に問い合わせて頂きたい。

連絡先(090・6613・4068)へ。

目次記事へ戻る。

67 夫婦で続ける慰問二十年目に 「2008年76歳」

スポンサードリンク

来年12月25日、夫と共に手作りのサンタさんの服を着て、安城市桜井町の四つの保育園を訪れ、約400人くらいの子供たちと握手をしています。

ふれあいを大切にしたいとの思いで始め、今年で20年目になります。

最初、訪問は私一人で始めました。

ところが「おひげがない」との声が出ましたので、夫に「一緒に行って」と頼みましたが、返事はなく駄目かと思いました。

でも、もしかしたらと、サンタさんの服をコタツの中で温めておきました。

夫はなかなか顔を見せないので、やっぱりと、あきらめていた時「おれの服は」と言ってきました。

あわてて着せるとすてきなサンタさんになりました。

3年目の時でした。

ふたりのサンタさんは、園児の笑顔に元気づけられました。

ところが今年は、85歳の夫の体調がおもわしくなく、病院の検査の25日とぶつかってしまいました。

今年はひとりでやるしかないか、と思っていましたが、以外にも「検査が終わってから行けばいい」と言ってくれました。

驚くやら、うれしいやら。

今年は、結婚60周年なので、いっそう感動しました。

目次記事へ戻る。

スポンサードリンク

86歳の母親が書く、満州引揚者の半生「縁と運」・概略。2013/8/1 初版。朝日新聞の読者投稿欄の「ひととき」と「声」に投稿し、掲載された70編を「縁と運」と題して出版した。本には、林恭子の生き方や思いが人生の縮図として描かれている。本の題名は、読者がこの本に出会であろう「縁」と、読んでみようとページを開いてくれる「運」から命名した。林恭子は書くことが好きで、小学校での「つづり方(作文)」は1番の成績だった。戦後、14歳で旧満州から引き揚げ、16歳で結婚した。
47歳の冬に朝日新聞の読者投稿欄「ひととき」に、初投稿で採用された。
この話は、「『夫婦で続けた慰問』が二十年目になった」 の話です。


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 仕事の進め方の効率化ブログ , 2016 All Rights Reserved.