Just another Windows perl site

満州引揚者:林 恭子:『縁と運」:50 もみじプロジェクトでロンドンへ 「2003年71歳」
2018/05/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

満州引揚者:林 恭子:『縁と運」:50 もみじプロジェクトでロンドンへ 「2003年71歳」

スポンサードリンク

85歳の母親が書く、満州引揚者の半生

・母親が出版した「縁と運」の概略

 (2013/8/1 初版)

 朝日新聞の読者投稿欄の「ひととき」と「声」に投稿し、掲載された70編を「縁と運」と題して出版した。

 本には、林恭子の生き方や思いが人生の縮図として描かれている。

・この本の問い合わせ

絶版につき受付終了

この本に関しては、私、林 宏(息子)に問い合わせて頂きたい。

連絡先(090・6613・4068)へ。

目次記事へ戻る。

50 もみじプロジェクトでロンドンへ 「2003年71歳」

スポンサードリンク

もみじプロジェクトは、日英赤十字社の青少年交流事業として 1991年に始められました。

これには、赤十字名誉総裁の、皇后さまからの勧めもあったそうです。

この事業は、もみじ5枚の葉のように、五つの目的を持っています。

1、障害のある若者と、障害のない若者の協力を。

2、障害についての積極的理解。

3、自己の可能性の発見。

4、日英の文化の理解。

5、忘れえぬ教育的体験。

以上の目的で、毎年両国で交流プログラムに参加してきました。

活動のテーマは年によって変わりますが、2003年はイギリスの女王さまの居城であるウィンザー城のチャペルで、音楽に取り組んでいる障害のある音楽家の出演ということで、埼玉県川越市在住の盲目のフルーティスト細川泰典君(25歳)が選ばれました。

ところで細川君と私は 1999年にアメリカ・ニューヨークのカーネギーホールで、ステージを共有したことがありますので、今度は、イギリスのウィンザー城へ、私も同行することを依頼されました。

もちろん、私がお断りするわけがなく、夫婦ともども参加することに致しました。

目次記事へ戻る。

スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 仕事の進め方の効率化ブログ , 2017 All Rights Reserved.