Just another Windows perl site

満州引揚者:林 恭子:『縁と運」:35 布おしめ通し、ぬくもり贈る「1996年64歳」

2018/05/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -

満州引揚者:林 恭子:『縁と運」:35 布おしめ通し、ぬくもり贈る「1996年64歳」

スポンサードリンク

85歳の母親が書く、満州引揚者の半生

・母親が出版した「縁と運」の概略

 (2013/8/1 初版)

 朝日新聞の読者投稿欄の「ひととき」と「声」に投稿し、掲載された70編を「縁と運」と題して出版した。

 本には、林恭子の生き方や思いが人生の縮図として描かれている。

・この本の問い合わせ

絶版につき受付終了

この本に関しては、私、林 宏(息子)に問い合わせて頂きたい。

連絡先(090・6613・4068)へ。

目次記事へ戻る。

35 布おしめ通し、ぬくもり贈る「1996年64歳」

スポンサードリンク

「おしめがたくさん必要です。どうか送ってください」という訴えに心を動かされて、重度の心身障害児が療養する施設におしめを送るようになって、今年で33年になります。

私一人ではわずかな数だと、周りの人たちに呼びかけてきましたので、ずいぶんのおしめを集めて送りました。

協力してくださる方々のおかげで、こんなに長く続いてきたのです。

ところで10月1日の朝日新聞「声」で、今は紙おむつの時代だから布おしめより、紙おむつを送ったら、という意見もありましたが、昨年も実際使ってくださった方のお便りに、「おしめは布が一番」と書かれてあって、やっぱりよかったと思いました。

私の町内では月に一度、地元の公民館にいろんな人が集まって、ベルマークや古切手を整理する作業をしているのですが、同じ部屋で、娘さんたちと、お年寄りとが一緒になって、おしめを縫っています。

重い障害に耐えて生きてる子どもたちに、せめて手づくりのぬくもりを伝えたいと思いながらーー。

目次記事へ戻る。

スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 仕事の進め方の効率化ブログ , 2017 All Rights Reserved.