Just another Windows perl site

満州引揚者:林 恭子:『縁と運」:16 日曜の歩け運動20年「1986年54歳」
2018/04/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -

満州引揚者:林 恭子:『縁と運」:16 日曜の歩け運動20年「1986年54歳」

スポンサードリンク

85歳の母親が書く、満州引揚者の半生

・母親が出版した「縁と運」の概略

 (2013/8/1 初版)

 朝日新聞の読者投稿欄の「ひととき」と「声」に投稿し、掲載された70編を「縁と運」と題して出版した。

 本には、林恭子の生き方や思いが人生の縮図として描かれている。

・この本の問い合わせ

絶版につき受付終了

この本に関しては、私、林 宏(息子)に問い合わせて頂きたい。

連絡先(090・6613・4068)へ。

目次記事へ戻る。

16 日曜の歩け運動20年「1986年54歳」

スポンサードリンク

案じていたお天気も、うれしい秋晴れとなった先日の日曜日、私たちのまち桜井では、町ぐるみの総合体育大会が催されました。

その開会式に私たちに20人は「歩け運動」というプラカードをかかげて入場行進しました。

式も進んで、いよいよ「歩け運動の皆勤」の表彰です。

一人ずつお名前を呼ばれて、市の体育協会会長さんから、胸にメダルをかけてもらいました。

80近いおじいさん、六つのお姉ちゃん、四つの坊やには、ひときわ拍手が高まりました。

私の住む安城市には、「歩け運動」と「ランニング運動」を合わせて 20の集会会場があり、それぞれの地区で毎年四月から十月までの毎週日曜日の朝、4キロのコースを約1時間かけて歩きます。

そして、30回休まなかった人に、皆勤賞として名前を刻んだメダルが授与されるのです。

今年、安城市は歩け運動に20年を迎えました。

この記録は他にないそうで、安城市の自慢のひとつです。

私自身も第1回から参加しています。

日曜日の朝6:30に集合。

ラジオ体操の後スタートです。

20周年を祝った今年は、全国各地の健康スポーツサークルの中から「長年にわたり地域に根ざして健康増進に励む」として、第1回スミセイ健康財団賞にも選ばれました。

健康づくりのためと、何かやり始めても一人ではなかなかやり通せませんが、こうして大勢のお仲間があれば、何とか続けることができます。

私たちの桜井会場も参加者約30人のほとんどが、皆勤に近い成績です。

「歩け運動」は、どんな年代の人にも適していますし、なにより朝早く、移りゆく景色を眺めながら歩くのは、とても気持がよいものです。

私はとても姿勢がよい、とほめられて、病気知らず、これからもずっと続けていけることを願っています。

目次記事へ戻る。

スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 仕事の進め方の効率化ブログ , 2017 All Rights Reserved.