満州引揚者:林 恭子:『縁と運」:36 全長58mの鉄道唱歌「1997年65歳」

      2018/05/05

満州引揚者:林 恭子:『縁と運」:36 全長58mの鉄道唱歌「1997年65歳」

スポンサードリンク

85歳の母親が書く、満州引揚者の半生

・母親が出版した「縁と運」の概略

 (2013/8/1 初版)

 朝日新聞の読者投稿欄の「ひととき」と「声」に投稿し、掲載された70編を「縁と運」と題して出版した。

 本には、林恭子の生き方や思いが人生の縮図として描かれている。

・この本の問い合わせ

絶版につき受付終了

この本に関しては、私、林 宏(息子)に問い合わせて頂きたい。

連絡先(090・6613・4068)へ。

目次記事へ戻る。

36 全長58mの鉄道唱歌「1997年65歳」

スポンサードリンク

「汽笛一斉新橋を」で始まる鉄道唱歌の、東海道編は66番まであります。

このたび、上下94センチの障子紙に大きな字で、歌詞を全部書きました。

全長58mになりました。

コーラスを楽しんでいる私たちのグループは、先日、地元の老人ホームを訪れて、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に、昔懐かしい歌を歌って、楽しい時を過ごしました。

「メロディーは覚えているけど、歌詞がおぼろげでーー」という声があり、眼鏡をかけなくても読めるようにと、大きな紙に、大きな字で歌詞を書きました。

こうすれば、顔をあげて、腰をのばして歌えると思いました。

「鉄道唱歌もいいじゃない」という声もあり、書きましたが、この時は、長すぎるからと、2番までにしました。

コーラスの先生が、三河安城駅の部分を新たに作詞してくださったので、それも織り込んでみんなで歌い、大いに盛り上がりました。

帰る時、ホームの職員さんが、ふと「鉄道唱歌、やっぱり66番まで歌いたいな」と言われたので、”そうだ書いてみよう”と思い立ちました。

一番、二番と書いた歌詞の番号を、丸で囲み、それを線路のしるしでつなぎました。

地名の読みなどが難しいので、漢字全部に、かなをふりました。

書き終ったら、全長が58mになったのです(8本に分けてありますが)。

これを老人ホームに贈りました。

その後、安城市の福祉センターに保管され、市内いくつかの老人ホームや施設に無料で貸し出されることになりました。

歌で楽しい気分になってもらえたらと、思います。

目次記事へ戻る。

スポンサードリンク


 - 母の本 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。